呼吸は、鼻から!口呼吸は慢性疲労につながる。

こんにちは。
市川市南八幡の整体「さくま整体院」院長の佐久間です。
当院のブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は、呼吸をテーマに書いていきます。
鼻呼吸するか口呼吸するかで人間の身体にどのような影響を及ぼすのでしょうか。

鼻呼吸

鼻から息を吸うと、ホコリが体内に侵入するのを鼻毛が防いだり、粘膜に生えている線毛が細菌やウイルスを捕獲するという鼻が空気清浄機のフィルター同様に働きます。また、鼻の粘膜にある神経を刺激して、のどや気管、気管支などの空気の通り道を広げます。さらに、空気が体温と同じくらい温められることによって、肺の免疫力低下を防げるのです。
吐く時も基本は鼻から吐く事を意識していれば、無意識で行う呼吸が自然と鼻呼吸になると思います。

口呼吸

口には鼻と違い空気中の異物を除去するフィルターの役目がありません。そのため、細菌ウイルスに感染する危険性が増えて、風邪やインフルエンザにかかりやすくなります。
また、口呼吸は脳に悪い影響を与えて、慢性疲労になり注意力や記憶力の低下を招き、認知症の発症まで繋がると言われています。

口呼吸から鼻呼吸へシフトさせる

口呼吸になる原因は、ストレスや歯並びなどが関係しています。しかし、すぐにストレスの原因を解消したり、歯並びを矯正するのは困難だと思います。
オススメは、鼻で深呼吸を行うことです。いつでもどこでも1回でも2回でも鼻からゆっくりと空気を吸って、ゆっくり吐いてみてください。気持ちがスッキリして落ち着けます。鼻深呼吸やってみるとすごく気持ちいいんです。だから、継続してやりたくなるんですね。さらに、自然溢れる空気が澄んでいる環境なら尚良いと思います。自分の好きな香りを適度に嗅ぎながら鼻深呼吸すれば、自律神経が安らぐ効果も期待できるでしょう。

ここまで読んでいただき本当にありがとうございます。

気になった事や、悩んでいる事がありましたら、当院までお問い合わせください。
3営業日以内にご回答いたします。
もし返信がないようでしたら、お手数ですが、お電話していただけたら幸いです。

あなたの体が半日でも早く改善できるよう私は願っておりますÜ

お問い合わせはこちらから

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です