運動は身体にとって本当に良いこと?

こんにちは。
市川市南八幡の整体「さくま整体院」院長の佐久間です。
当院のブログをご覧いただきありがとうございます。

最近、WHO(世界保健機関)が世界の成人(18歳以上)の4人に1人に当たる14億人以上は運動不足とみられると研究結果を発表しました。運動不足は、主に循環器系の病気(がん・心臓疾患・糖尿病)になるリスクが高くなると言われています。その一方、運動はしない方が寿命が長くなる、突然死の原因の半分は、運動中に起きていると言う専門家も存在します。

運動のメリット

運動すると筋肉が鍛えられてカロリー消費がしやすい身体になります。運動後、機械の画面に消費カロリー〇〇と表示されるのは気にしないで、運動を続ける事でカロリー消費しやすい身体作りを目的にしてみてください。疲れている時は運動しない、疲労回復させてからやると決めておくとケガも体調不良も防げます。無理は禁物です。また、体を動かすことで交感神経(活動的な自立神経)が活性化して、前向きな気分になります。ヨガやストレッチのような呼吸を一定のリズムで行う運動は、幸せホルモン(セロトニン)を増やす効果が高いです。

運動のデメリット

激しい運動時に呼吸量が急増すると、体内に活性酸素が発生します。活性酸素が発生すると老化が進み、様々な生活習慣病になるリスクを高めます。また、関節に負担をかけるので関節痛になりやすくなります。

適度な運動とは

筋トレ、ランニング、水泳やヨガなど運動の種類もたくさんありますし、その種類の中でも体にかかる負担の違いがあります。適度な運動はこれですと言うことはできませんが、健康を目的とした運動であれば楽しくできる運動を疲れない程度行うことをオススメします。さらに、起床後の朝や仕事終わりの夜は避けて、休日の午前~夕方頃に行う方が体への負担を抑えることができます。運動する時間がないという方は、日常生活に筋トレを加えたり、毎日ストレッチするだけで体調は良くなりますよ。

ここまで読んでいただき本当にありがとうございます。
気になった事や、悩んでいる事がありましたら、当院までお問い合わせください。
3営業日以内にご回答いたします。
もし返信がないようでしたら、お手数ですが、お電話していただけたら幸いです。

あなたの体が半日でも早く改善できるよう私は願っておりますÜ

お問い合わせはこちらから

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です