慢性化した痛みの改善方法のメリット・デメリット(その2 麻酔注射)

こんにちは。
市川市南八幡の整体「さくま整体院」院長の佐久間です。
当院のブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は、麻酔注射のメリット・デメリットを挙げていきます。

メリット:即効性があり、打ってから数分から数十分で痛みがとれてくる。薬物療法と比べて、痛みがある局所に対して効果を示すため、全身への影響があまり無い。
デメリット:血管や神経の損傷によって麻痺やしびれや痛みなどが生じる場合がある。注射の種類によっては、打った後、1時間くらい安静にする必要があり時間がかかってしまう。
私の意見:小さい頃からどうしても注射は苦手という人には難しい方法だと思います。あと、神経の近くに数ミリ単位で注射を打つため、医師の技量が問われるかなと。麻酔注射を打てる機関も多くはないので、通うのが難しいこともあると考えます。

ここまで読んでいただき本当にありがとうございます。
気になった事や、悩んでいる事がありましたら、当院までお問い合わせください。
3営業日以内にご回答いたします。
もし返信がないようでしたら、お手数ですが、お電話していただけたら幸いです。

あなたの体が半日でも早く改善できるよう私は願っておりますÜ

お問い合わせはこちらから

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です