疲れない身体にしましょ! 「生活編」

こんにちは。
市川市南八幡の整体「さくま整体院」院長の佐久間です。
当院のブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は、日常生活を過ごしていく上で、ちょっと気を付けるだけで疲れの原因を作らない方法をご紹介します。

①外に出る時は、サングラスやUVカット眼鏡をかける
強い酸化(活性炭素)作用をもつ紫外線が目から入ると、自律神経に大きなダメージを与え、疲れの原因になります。そのため、UVカットできるサングラスや眼鏡をかけて対策をしましょう。ただし、サングラスは色の薄いものを選んでください。色が濃いと瞳孔が開いた状態になって多くの紫外線を目に取り込んでしまい、逆効果になることがあります。UVカットできるサングラスや眼鏡は、メガネ屋さんに売っています。私は最近、誰かに気づかれないようJ!NSでブルーライトもカットする伊達眼鏡を買いました。
②昼間にパワーナップして、自律神経を再起動させる。
パワーナップ=仮眠です。15分~30分以内の仮眠を取ると、集中力や記憶力、ストレスの軽減、脳の活性化ととてつもなく効果が大きい方法です。Google,Nike,NASAなど有名企業が取り入れています。しかし、日本では仮眠できる環境が整っていない為、取り組むことは難しいかもしれません。「空き会議室を数人で借りアイマスク持参し、スマホでリラックスできる音楽を流し30分間行う。」みんなでやれば怖くないって方法はいかがでしょうか。※もしクリアガラスの会議室でも、パワーナップについて説明書きを貼っておけば、取引先からも『この会社は社員の健康に気を使っている素晴らしい企業だ』と思われるかもしれません。

ここまで読んでいただき本当にありがとうございます。
気になった事や、悩んでいる事がありましたら、当院までお問い合わせください。
3営業日以内にご回答いたします。
もし返信がないようでしたら、お手数ですが、お電話
していただけたら幸いです。

あなたの体が半日でも早く改善できるよう私は願って
おりますÜ

お問い合わせはこちらから

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です