疲れない身体にしましょ! 「運動編」

こんにちは。
市川市南八幡の整体「さくま整体院」院長の佐久間です。
当院のブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は、疲れを溜めない体の動かし方についてご紹介します。
座っている事が多い方、定期的に運動している方にオススメです。

①座っている事が多い人は、30分おきに立つ、歩く、かかとの上げ下げを行う。
ずっと座っているままだと、股関節が圧迫されてリンパや血液の流れの循環が悪くなり、
疲労物質が体に蓄積されてしまいます。ただ、いきなり立つと不審がられますし、歩くためにトイレに30分おきくらい行ってたら、泌尿器科に行くよう打診されかねません。頻繁に立つ、歩く事は難しくても、かかとの上げ下げを行うことは自分のタイミングで行えます。貧乏ゆすりも血流が良くなって効果的です。(もし貧乏ゆすりを見かけたらおおらかな気持ちで無視してあげてください。)

②仕事後は激しい運動はしないで、負荷の軽い運動をする
仕事終わりにジムやランニングなど激しい運動を習慣化している方は、疲労を悪化させてしまいます。仕事で頭も心も体も使った脳(自立神経)はかなり疲れているのに、さらに体に負荷をかけると疲れが増える一方です。終わった後の爽快感や達成感は、脳によるまやかしだと思ってください。家に帰ってゆっくり休んで、質の良い睡眠をとることが疲労を回復するには最も効果的です。もし、それでも体を動かしたいのであれば、ヨガやピラテイス、ストレッチをオススメします。息が切れなく、汗をじんわりかく程度の運動は疲労回復効果も期待できます。

ここまで読んでいただき本当にありがとうございます。
気になった事や、悩んでいる事がありましたら、当院までお問い合わせください。
3営業日以内にご回答いたします。
もし返信がないようでしたら、お手数ですが、お電話していただけたら幸いです。

あなたの体が半日でも早く改善できるよう私は願って
おりますÜ

お問い合わせはこちらから

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です